SIXMANは、バスケットボール発展に関わる仕事をします


お問い合わせ 取り組み

私たちの取り組み



会場コンテンツ

よくありそうなフリースローチャレンジに始まり、パススピードメーター、ドリブルサーキットタイムトライアルなど、会場で体験型のコンテンツの提供を目指してます。

現在開発中。試合会場だけにとどまらず、街中でもイベントが出来るように進化させていきたいと考えています。

アプリ制作

アメリカではBluetoothの埋め込まれたボールが販売されてます。シュートのループから回転数までデータが出ます。

なんとか個人レベルに落とし込み、バスケットボールの練習時に役立つ、草バスケで使えるアプリを開発していきます。

得点表示(タイマー)のアンドロイドアプリを開発。google play ひっそりと公開中。

web制作

バスケットボール元年と言える2016年、ウェブを活用したエンターテナー性の向上は必須。リーグが開幕し発進しましたが、これからは人気を集めていく必要があります。

そんな時に、FACEBOOKやTwitterなど多種多様なメディアとの連動のご提案をします。

映像制作

今は、気軽に個人が動画を撮影して公開する時代です。今やイメージ伝達手段は画像から映像に切り替え割つつあります。 映像撮影から編集までオールインワンで制作いたします。

LEDビジョン

前職から関わっているので是非ご相談ください。良い提案が出来ると思います。




SIXMAN(シックスマン)について


2016年9月より発足。

これまで助けてもらってきたバスケットボールへの恩返しを決意し、日本のバスケットボールの発展のために役立つ取り組みを行っていきます。

発展にもいろいろあります。ビーリーグ(プロバスケ)の発展だけではなく、「生活の身近に存在出来るような環境づくり」、「こどもの技術とメンタルの育成」、「学生の教育との関係」など、アプローチはさまざまです。

そこで色々と考えた後に私たちは、「東京の次のオリンピック、その次のオリンピックに男女共に出場すること」が発展した後の結果であり成果となると結論付けました。

自力でオリンピックに出場するためには何が必要か?そのためにどう裏から手助けできるか?
それを考え続けながら活動を続けてまいります。


実績

2017年12月現在、プロチームの2016-2017ホームゲーム、2017-2018ホームゲームにてプロジェクター・LEDビジョン・ 参加型アプリと連動した演出や映像撮影に関わる傍ら、バスケ用タイマーアプリ(Androidアプリ)制作、 市のバスケットボール協会のホームページ製作・運営行い、バスケ業界の発展に貢献するべく活動しております。

お問い合わせ 取り組み

お問い合わせ

日本を中心として世界全体のバスケットボール発展へ繋がることなら何でもします。一度お問い合わせください。